後悔をしている女性

英語

「後悔」を表す英語表現15選!Regretはあまり使わない?

英語で「後悔」と言いたい時、「Regret」ばかり使っていませんか?しかし、実はこれ、日常ではあまり使われません。ちょっとした後悔を表したい時は、他の表現の方が自然です。今回はネイティブが後悔の気持ちを表す時によく使う、自然な英語フレーズ15選をご紹介!

後悔した時にネイティブが使う英語表現

Hi there!マルチリンガルライターのSayah (@sayah_media)です。

英語で「後悔」と言いたい時に、最初に何を思い浮かべますか?まず「Regret」という言葉が頭に浮かんだ方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこれ、日常ではあまり使われないって知っていましたか?ちょっとした後悔を表したい時は、他の英語表現の方が自然です。

今回はネイティブが後悔の気持ちを表す時によく使う、自然な英語表現をいくつかご紹介します。

関連記事:「ごめん」と謝りたい時の英語フレーズはこちら

「ごめん」と謝る英語表現!I’m sorryは実は重たい?

「Regret」は実はあまり使われない?

後悔している女性

「後悔」を表す単語として、一般的によく知られているのは「Regret」ではないでしょうか。

「Regret」の発音は「rigrét」で、読み方はカタカナだと「リグレット」が近いです。

ネイティブの発音はこちら▼

「Regret」を用いて「〜したことを後悔している」と言いたい場合は、「Regret 」の後に「 動詞 + ing」を付けます。

「Regret + to 動詞」の形にすると、「残念ながら(遺憾ながら)〜」という意味になってしまうのでご注意ください。これはビジネスレターなどで使用されるフォーマルな表現です。

また、「Regret」の過去形は「t」を2つ重ねて「Regretted」とつづります。

後悔をしている女性

このように「後悔する」を意味する「Regret」ですが、実は日常のちょっとした後悔の際にはあまり使われません

それでは、ネイティブは普段どのように後悔の気持ちを表現しているのでしょうか?

次の章では、日常でよく使われる後悔した時の表現について、例文を用いて解説していきます。

✏️キーフレーズ✏️

✅ことわざの「後悔先に立たず」を英語で表すにはコレ!

・Repentance comes too late(直訳:悔い改めても遅すぎる)
・What is done cannot be undone(直訳:一度したことは取り返しがつかない/一度したことは元に戻らない)
・It is no use crying over spilt milk(直訳:溢れたミルク=済んだことを嘆いても仕方ない/覆水盆に返らず)

後悔の気持ちを述べる英語表現15選

「あんなことしなければよかった」と後悔している女性

ここでは後悔の気持ちを述べたい時にネイティブがよく使う、自然な英語フレーズをいくつかご紹介!

英語発音矯正スクール

①I shouldn’t have done that(あんなことすべきじゃなかった)

後悔をしている女性

「I shouldn’t have done that(〜すべきじゃなかった)」はネイティブが使う最も一般的な表現の一つ。

「should have + 過去分詞」「〜すべきだった」という意味になります。

逆に否定形で「should not have + 過去分詞」にすれば、しなかったことに対しての後悔を伝えることができます。

【英語フレーズ】

・I should have told him way before(もっと早く彼に話しておくべきだった)

・I should’ve got an English education with Disney English system when I was little(小さい頃にディズニー英語システムで英語教育を受けておくべきだった)

・I’m totally full! I shouldn’t have eaten that churro while waiting in the line(超お腹いっぱい!並んでいる間にチュロス食べなきゃよかった)

・I shouldn’t have done such a thing(あんなことすべきじゃなかった)

②I messed up(やばい/台無しにしちゃった)

台無しにしてしまったと反省している女性

「やらかしたー!」と言う時に使えるのが「I messed up」「mess」「めちゃくちゃ」「混乱」「散らかっている」などを表す名詞です。

そのため「I messed up」で「やばい」「やらかした」「めちゃくちゃにしちゃった」「台無しにしちゃった」という意味になります。

また「That’s messed up(それは大変だったね)」もネイティブの間でよく使われるスラングなので、一緒に覚えておくと便利です。

【英語フレーズ】

・I do love Lisa but she’s really messed up(リサのことは愛してるけど、彼女本当めちゃくちゃでさ)

・My life is messed up(俺の人生詰んだ)

・He should clean up what he messed up(彼は自分がやったことをきちんと片付けるべきだわ)

③I screwed up(ヘマしちゃった/しくじった)

後悔している女性

「I screwed up」も「I messed up」と同様、「やっちゃったー」と言いたい時に使える一般的な英語表現の一つです。

「screw up」で「失敗する」「ヘマをする」「しくじる」などの意味になります。

オンライン英会話ネイティブキャンプ

【英語フレーズ】

・I was going to get the dessert ready but I totally screwed up the cake(デザートを用意するつもりだったんだけど、ダメにしちゃったんだ)

・I’m sorry I totally screwed up your painting(君の絵を台無しにしてしまってごめん)

・If the cops show up, we are going to be screwed(もし警察が現れたら俺たちは終わりだ/手詰まりだ)

④I can’t believe what I’ve done(なんてことしちゃったんだろう)

深い後悔と罪悪感で苛まれている女性

「I can’t believe what I’ve done」は直訳すると「私は私がしたことが信じられない」ですが、日本語にすると「私はなんてことしちゃったんだろう」のようなニュアンスになります。

過去形の「I can’t believe what I did」もよく使われる英語表現です。

レアジョブ英会話

【英語フレーズ】

I can’t believe what I’ve done(なんてことしちゃったんだろう)

I can’t believe what I did(私、何であんなことしちゃったのかな)

⑤I’m ashamed(自分が恥ずかしいよ)

自分が恥ずかしいと嘆いている様子の女性

「自分が恥ずかしいよ」「私は自分のことを恥じている」という意味でよく使われるのが、こちらの「I’m ashamed」

「I’m ashamed of〜」で、「〜について恥じている」と言うことができます。

また、Be動詞の代わりに「feel」を用いて「I feel ashamed(恥ずかしいと思う/恥ずかしく感じる)」の形にすることも。

同じく日本語で「恥ずかしい」という意味を持つ「I’m embarrassed」も一般的ですが、「embarrassed」と「ashamed」は少しニュアンスが異なります

「I’m embarrassed」は周りの目を気にして恥じらいを感じているのに対して、「I’m ashamed」は失態を犯してしまった時や、常識や道徳に反してしまった時などに、その行動や人に対して「恥」を感じている(罪悪感を感じている)という意味で使われます。

恥を感じている女性

このように「恥」「恥をかかせる」「恥ずかしい思いをさせる」「名誉を傷つける」という意味を持つ「Shame」。

しかし、よくネイティブが使う「That’s a shame」は、「それは恥だね」ではなく「それは残念だね」「もったいない!」という意味になるので注意してください。

【英語フレーズ】

I’m ashamed of what I did for her(彼女にしたことを恥じている

・He feels so ashamed of his past(彼は自分の過去に対してとても恥ずかしく思っている)

I’m ashamed of myself(自分が恥ずかしいよ)

・She feels ashamed of getting drank and having a one night stand with a random guy(彼女は酔っ払って知らない男と行きずりの関係になってしまったことに対して恥を感じている)

・You should be ashamed of yourself(あなたは恥を知るべきだわ)

⑥I’m annoyed with myself(自分自身に腹が立ってる)

後悔をしている女性

何か後悔するようなことをしてしまった時は、自分に対して「何であんなことしてしまったんだろう」と腹が立つもの。

そんな時に使えるのが、こちらの「I’m annoyed with (at) myself(自分自身に腹が立っている/自分が腹立たしい)」です。

「イライラする」という意味の「I’m annoyed」または「I feel annoyed」を使って、愚かなことをしてしまった自分に対しての腹立たしい気持ちを表現することができます。

【英語フレーズ】

I’m annoyed with myself that I did such a thing last night(昨夜あんなことしてしまって自分が腹立たしい

・Today I got so annoyed with myself that I lost patience and left there(痺れを切らして帰ってしまった自分に腹が立つ)

・ I felt really annoyed with myself that I hadn’t calculated how much I would need before purchasing(購入前にきちんと必要な金額を計算していなかった自分に腹が立った)

I’m still annoyed at myself that I walked away from him(彼の元から去ってしまった自分が今もまだ腹立たしい)

⑦I’m so mad at myself(自分が腹立たしい/悔しい)

自分に腹立たしさを感じている女性

「I’m mad at myself」は自分自身に対して、悔しさや憤りを感じる時によく使われる表現です。

上記の「I’m annoyed with myself」と同様に、「自分自身に怒っている」「自分自身が腹立たしい」という意味を持っており、自分自身に対して怒りを感じるほど悔しい時に使うことができます。

「frustrated」や「angry」を使って「I’m frustrated with (at) myself」「I’m angry at myself」と言うことも可能です。

【英語フレーズ】

She’s so mad at herself(彼女はとても悔しがっている

・Why are you so angry at yourself?(何でそんなに悔しがっているの?)

He’s frustrated with himself(彼は自分自身にイライラしている)

I’ve been mad at myself since then(あれからずっと私は自分に腹立たしさを感じています)

⑧I’m disappointed in myself(自分にガッカリしている)

自分にガッカリしている女性

「I’m disappointed in myself」「自分に落胆している」「自分にガッカリしている」「自分に失望している」という意味の英語表現です。

「in」の代わりに「with」を使用して、「I’m disappointed with myself」と言うこともできます。

【英語フレーズ】

I am feeling disappointed with myself but I know this is all my fault(自分にとても落胆していますが、全て自分のせいだということも分かっています)

I’ve been disappointed in myself every since yesterday(昨日からずっと自分に失望している)

Her parents are disappointed at her grades (彼女の両親は彼女の成績にガッカリしています)

I feel a little disappointed about that(私はそれについて少し残念に思う)

⑨I really regret what I did(自分がやったことを本当に後悔してる)

自分がやったことに対して後悔している様子の女性

実は英語には日本語の「反省」にピッタリと当てはまる言葉がありません。しいて言えば「Reflect」ですが、これは「自分と向き合う」「振り返る」「真剣に考える(熟慮する)」といったニュアンスで、「反省」ほどのネガティブな意味はありません。

前の章で「Regret」はちょっとした後悔の際にはあまり使われないと前述しましたが、後悔または反省をしているんだということを率直に伝えたい時には、この言葉がピッタリです。

後悔をしている女性

例えば、日本語の「後悔」は「仮眠したらアラーム気づかなくて、ライブ配信見逃しちゃったんだよね。めっちゃ後悔!」のような感じで、比較的ライトな場面でも使うことができます

一方で、英語の「Regret」は、何かに対して大きく悔やんでいる時や、深く反省している時など、ややシリアスな場面で使われる印象です。

「really」の代わりに「deeply(深く)」を使えば、深く後悔・反省している旨を伝えることができますし、「sincerely(心から)」を使えば、フォーマルな場面での謝罪などにも使用することができます。

【英語フレーズ】

・I deeply regret dumping him(彼を振ってしまったこと、本気で後悔しているの)

・You’ll regret losing her(彼女を失ったこと、絶対に後悔するよ)

・We sincerely regret it(我々は心から後悔しています)

・I really regret I did it to you(君にそれをしてしまったこと、本当に反省してるんだ)

⑩What was I thinking?(私一体何を考えてたんだろう)

一体何を考えていたのだろうと後悔している女性

「What was I thinking?」は、「私、一体何考えていたんだろう」「何やってんだ俺!」「自分どうかしてたわ」と言いたい時に使える言葉です。

ケンカの勢いで感情任せに何かを言ってしまった後や、酔った勢いでやらかしてしまった翌日など、冷静になってから「自分がどうかしてたわ…」と後悔してしまった経験はありませんか?

この表現は少し時間が経って落ち着いてから後悔した時などに便利な英語表現です。

【英語フレーズ】

What I was thinking?(私ったら一体何考えていたんだろう)

・I don’t know what I was thinking at the time(あの時何であんなことしようと思ったのか分からないんだ)

What are you thinking!? Are you losing your mind!?(お前一体何考えてんだよ!?イカれちまったか!?)

⑪How stupid I was(なんて愚かだったんだろう)

深く後悔している女性

「How stupid I was」は日本語で「なんて私は愚かだったんだろう」「なんてバカなことしたんだろう」という意味です。

過去形じゃなく現在形で「How stupid I am」と言うこともできます。

違いとしては、「How stupid I was」は、「What I was thinking?」のように誤った行動や言動をした当時の自分に向けて「愚かであった」と言っているのに対し、「How stupid I am」は今の自分も含めて自分自身が愚かであるということを意味しています。

また、「How」の代わりに「What」を用いて「What a stupid I was」と言うことも可能です。「What」を用いる際は「stupid」の前に冠詞の「a」が付くことに注意してください。

【英語フレーズ】

How stupid I was… I shouldn’t have said that to them(なんてバカだったんだろう… あんなこと彼らに言うべきじゃなかった)

How silly I am! I don’t know why I did this(俺はなんてバカなんだ!何でこんなことしちゃったんだろう)

How stupid he is! I knew he would do that! (あいつはなんてバカなの!絶対にあいつならやりかねないって思ってたのよ!)

What a stupid I was! I didn’t mean to hurt you(私ったらなんてバカなの!あなたを傷つけるつもりはなかったの)

⑫I’m such an idiot(なんてバカなんだ私は)

なんてバカなんだ私はと後悔している様子の女性

「I’m such an idiot」「なんて私はバカなんだ」という意味でよく使われる言い回しです。

自分のことを卑下するような言い方ではありますが、間違った選択や行動をしてしまった時など、自分に呆れている時に使うことができます。

「idiot」の代わりに「fool」などの名詞を使うことも可能です。

【英語フレーズ】

I’m such an idiot. I should’ve learned from what we went through during these last 2 months(なんて私はバカなの。私はこの2ヶ月に経験したことを教訓にするべきだった)

I feel like an idiot(私、これじゃバカみたいじゃん)

I’m such a fool. How come I did that mistake(俺は本当にバカだ。何であんなミスをしたんだ)

・You always make me feel like such a fool. How could you treat me like this?(あなたのせいでいつも自分がバカみたいに感じる。一体どうしてこんな扱いができるの?)

・She looks quite adult for her age but she is such a foolish young girl. I can’t deal with her anymore(彼女は見た目は大人っぽいけど、中身は甘っちょろいガキだね。もう手に負えないよ)

⑬I feel ridiculous(私、バカみたい)

バカみたいだと感じて後悔している女性

「I feel ridiculous」で「私はバカだと感じる」=「私、バカみたい」となります。

こちらも「ridiculous」以外に、「stupid」「silly」など様々な名詞に変換することが可能です。ワンパタにならないようにぜひシーンに応じて言い回しを変えてみてください♪

【英語フレーズ】

・I don’t know why I couldn’t see his true colors. I feel ridiculous(何で彼の正体を見抜けなかったのかな。自分がバカみたい)

・He made me feel kind of stupid(あいつは俺を何だかバカみたいな気分にさせたんだ)

・Thanks to you, I’m feeling so silly now(あなたのお陰で今すごい間抜けな気分よ)

I feel so dumb now because I couldn’t save her(自分が情けないよ。彼女を助けられなかったんだから)

I felt a bit silly when it happened(それが起きた時はちょっと自分がバカみたいだったよ)

⑭How silly of me(私ったらなんてバカなの)

バカなことをしたと後悔している様子

「How silly of me」も「なんて私はバカなの」を意味するポピュラーな英語表現の一つ。

こちらもこれまでに紹介した英語表現と同様に、様々な名詞と言い換えることができます。

CAMBLY英会話

【英語フレーズ】

・I shouldn’t have eaten all the leftovers although I was on a diet. How silly of me(ダイエット中なのに残り物全部食べるべきじゃなかった。なんて私はバカなの)

How dump of me not to remind myself of that while I was there(あそこにいた時に思い出さないとか、俺はなんてバカなんだ)

It was foolish of me to believe what you said(お前の言葉を信じるなんて、俺はなんてバカだったんだ)

How ridiculous of me. They were right(なんて私は浅はかなの。みんなが正しかった)

How stupid of you to forget his name!(彼の名前を忘れるなんて、あなたったらなんてバカなの!)

⑮I wish I could〜(〜ができたらよかったのに)

後悔をして願っている女性

「I wish I could〜」「〜ができたらよかったのに」「〜ができたらよかったな」という意味の英語表現です。

「I wish」の後に過去形を用いることによって、仮定法過去となり、「現実の事実とは異なること」や「叶わない(と思う)願望」を表すことができます。

これを使うことによって、過去を悔やむ気持ちを表現することが可能です。

【英語フレーズ】

I wish I could do that(あれができたらよかったのにな)

I wish I had been a little more careful(もう少し気を付けられればよかったのに)

I wish I could not have to be involved in this(これに関わる必要がなければな…)

I wish I had more time. Then we could still be together now(もう少し彼に時間があったらよかったんだけどね。そしたらきっと今も付き合っていたのに)

I wish I didn’t need to dump him. But I thought I had to move forward at the time(彼を振る必要なんてなければよかったのに。でもその時は前に進まなきゃいけないって思ったの)

「後悔」に関する英語の名言集

後悔をしている女性

最後に後悔に関する偉人の名言や格言をいくつかご紹介します。この中に少しでも皆さんの心に刺さるメッセージがあれば幸いです。

※引用の下の訳は筆者翻訳(日本語は英語に英訳、英語は日本語に和訳)

①キャメロン・ディアス

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Cameron Diaz (@camerondiaz)

Your regrets aren’t what you did, but what you didn’t do. So I take every opportunity.

(後悔とはやったことではなくあなたがやらなかったことに対して残るもの。だから私はすべてのチャンスを掴むわ)

②野原ひろし(クレヨンしんちゃん)

後悔するのは 選ぶ自由があったから
面倒臭がるのは やりたいことが沢山あるから
寂しくなるのは 大切な人がいるから
悔しいと思うのは 自分に誇りがあるから
言いたいことが口から出ないのは 想いで詰まっているから

I regret it. Because I had the freedom to choose.
It is a pain in the neck. Because there are so many things I want to do.
I feel lonely. Because there is someone special.
I feel annoyed with myself. Because I am proud of myself.
I can’t find the words I want to say. Because I’m full of feelings.

③デヴィ夫人

起こってしまった事に対して執着していたら、自分が病気になるんじゃないかしら。

(If you are obsessed with what has happened, it will make you sick)

④Lucille Ball(ルシル・ボール)

I would rather regret the things that I’ve done

(やらないよりもやって後悔したい)

⑤Ingrid Bergman(イングリット・バーグマン)

I have never regretted what I did. I regret things I didn’t do.

(自分がしたことに後悔したことはないわ。私が後悔するのは自分がやらなかった物事に対してよ)

「やらない後悔」よりも「やる努力」

全ての努力を注ぐ女性

過去は消えないし戻れません。未来に活かすための「反省」ならまだ前向きですが、過去に囚われる「後悔」はあまりしたくないものです。

偉人たちが残した言葉通り、一度きりの人生において「やらなかったこと」への後悔は、言葉には訳せないほどの大きなシコリを心に残してしまうはず。

落ち込んでいる女性たちの写真

しかし、「やらぬ後悔よりもやる後悔」とは言っても、人間誰しもできるなら後悔はしたくないわけです。

そのため、私が大事にしているのは「やらない後悔よりもやる努力」という自己流のマインドです。飛び込んだら、あとは意地でも目標を叶えるべく、必死に崖にしがみつき、ひたすら学び続けるのみ。

崖にしがみつく女性

この記事にたどり着いた皆さんの中には、何かに対する後悔の気持ちがあって、「後悔」というワードを検索された方もいるかもしれません。しかし、本稿が少しでも皆さんの心を動かせたら幸いです。

そんな気持ちも込めて、最後に偉人たちの名言をいくつか紹介させていただきました。皆さんがこれからも悔いなく前進し続けていけることを願って。

関連記事:仲直りをしたい時に使える英語フレーズはこちら

make up以外にもある!「仲直り」の英語フレーズ18選

関連記事:責任に関する英語フレーズはこちら

「責任を取る」を英語で!責任に関する重要フレーズ

Newsletter

Written By

語学と文化が大好きなマルチリンガルライター(日本語、英語、スペイン語、フランス語)。 「働く⇆海外滞在」を繰り返し、多言語で生活するフリーランス。 【職業】Webライター、翻訳家。 アメリカのオンライン大学「University of the People(UoPeople)」在学中。Webメディア運営会社に約5年勤めたのち独立。 他に、米国大手ブランドのPRやコンテンツ制作、SNS運用、SEOコンサル、メディアの運営などもしています。 【執筆記事】主にビジネス、SEO、インタビュー(英日)、語学、映画レビュー、イベントレポートなど、幅広く執筆中。

Click to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

English Composition English Composition

UoPeople「ENGL 1102: English Composition 2」レビュー

アメリカの大学「UoPeople」

Art Art

UoPeople「AHIST 1401: Art History」レビュー

アメリカの大学「UoPeople」

Newsletter